ようこそ [デザインポケット] へログイン
(初めての方は こちら
通販カートを見る
DLカートを見る
商品を検索
画像を検索
?
HOME > フォント > Helvetica(ヘルベチカ)は欧文フォントの定番中の定番
Helvetica(ヘルベチカ)は欧文フォントの定番中の定番 - デザインポケット

《 Helvetica(ヘルベチカ)は欧文フォントの定番中の定番 》

Helvetica(ヘルベチカ)は、欧文フォント選びに迷ったら、Helveticaさえ押さえておけば大丈夫と言われるほどの世界中で愛される定番中の定番フォントです。

目次

Helvetica(ヘルベチカ)とは

Helveticaは、1957年にスイス人タイプフェイスデザイナーのマクス・ミーディンガーとエドゥアルト・ホフマンが発表したグロテスク・サンセリフに分類されるサンセリフのローマ字書体です。簡素で落ち着いた書体でありながら説得力に富む力強さが特長で、用途を選ばない幅広い汎用性があります。現在、最も使用されている書体の一つで、出版や広告の業界では必要不可欠な書体です。


Helveticaの歴史

Helveticaのもともとの字形はライノタイプ自動鋳造植字機向けでした。Helveticaは人気があり、長い年月の間に拡張され、ウェイトのバリエーションも増えましたが、ウェイト・バリエーション間で調和は取れていませんでした。1983年、ステンペル社はライノタイプ社向けにHelveticaをデジタル改刻したNeue Helveticaを制作し、フォントファミリーを拡張しました。現在は51種類のウェイトで構成されています。
現在、Neue Helveticaは、新たなスタンダードとなっています。時代を感じさせず、ニュートラルであらゆるコミュニケーションの場面に使えるNeue Helveticaは、まさにサンセリフ体の定番中の定番と言えます。


Helvetica(ヘルベチカ)の特徴

Helveticaの最大の特徴はわかりやすく、すべての人に対して読みやすく、シンプルな美しさを兼ね備えています。デザイン自体には癖もなく何にでも合わせることができます。このような特徴から、ロゴデザインに限らず、世界中の空港や駅にも数多く使用されています。


Helvetica(ヘルベチカ)【Linotype】

広く使用されているサンセリフ欧文書体。ファミリー名は「Helvetica」

広く使用されているサンセリフ欧文書体。ファミリー名は「Helvetica」。
エックスハイト(小文字のxの高さ)が高くカウンター(直線や曲線の字画に囲まれた内側の空間)が広く、「C」「S」などの字画が末端が水平なのが特徴です。文字間のスペースが狭いため効率よく文字組ができます。

[OpenTypeのご購入はこちら]

PE Monospaced

¥11,748もっと見る

PRO

¥4,620もっと見る

PRO Condensed

¥4,620もっと見る

PRO Compressed

¥4,620もっと見る

PRO Narrow

¥4,620もっと見る

PRO Monospaced

¥4,620もっと見る

PRO Inserat Roman

¥4,620もっと見る

PRO Rounded

¥4,620もっと見る

STD Rounded

¥4,620もっと見る
[TrueTypeのご購入はこちら]

PRO

¥4,620もっと見る

PRO Condensed

¥4,620もっと見る

PRO Compressed

¥4,620もっと見る

PRO Narrow

¥4,620〜もっと見る

PRO Monospaced

¥4,620もっと見る

PRO Inserat Roman

¥4,620もっと見る

PRO Rounded

¥4,620もっと見る

Neue Helvetica(ノイエ・ヘルベチカ)【Linotype】

Neue Helvetica(ノイエ・ヘルベチカ)

Macのシステムフォントに採用されたこともある「Neue Helvetica」は、ライノタイプ社が1983年にデジタル・フォントとしてHelveticaをに改刻し、斜体や太さの違いなど51種類をファミリー化した書体。モノタイプ社とアドビシステムズ社から出ているものは,「Helvetica Neue(ヘルベチカ・ノイエ)」となります。

【Neue HelveticaとHelveticaのデザイン比較】

Neue Helvetica(ノイエ・ヘルベチカ)とHelvetica(ヘルベチカ)の違い
[OpenTypeのご購入はこちら]

World

¥19,668もっと見る

PE

¥11,748もっと見る

PE Condensed

¥11,748もっと見る

PE Extended

¥11,748もっと見る

PRO

¥4,620もっと見る

PRO Compressed

¥4,620もっと見る

PRO Condensed

¥4,620もっと見る

PRO Extended

¥4,620もっと見る

PRO eText

¥10,428もっと見る

STD

¥4,620もっと見る

STD Compressed

¥4,620もっと見る

STD Condensed

¥4,620もっと見る

STD Extended

¥4,620もっと見る

STD eText

¥8,580もっと見る
[TrueTypeのご購入はこちら]

World

¥19,668もっと見る

PE

¥11,748もっと見る

PE Condensed

¥11,748もっと見る

PE Extended

¥11,748もっと見る

PRO

¥4,620もっと見る

PRO Compressed

¥4,620もっと見る

PRO Condensed

¥4,620もっと見る

PRO Extended

¥4,620もっと見る

PRO eText

¥10,428もっと見る

Helvetica Now(ヘルベチカ・ナウ)【Monotype】

Helvetica Now(ヘルベチカ・ナウ)

スマートフォンなど小さい画面など使用環境に合わせて「Micro」「Display」「Text」の3種類が用意され、Microは4から7ポイントでも読みやすいように線の間の空間を大きくとり、カーニングも広めに設定してます。
Displayは、14ポイント以上での使用を想定してバランスが整えられています。Textは幅広く使えるようにデザインされ、視覚的な情報が多い状況で視認性を上げるために、スペースを多めに設けています。

【Helvetica NowとHelveticaのデザイン比較】

Helvetica Now(ヘルベチカ・ナウ)とHelvetica(ヘルベチカ)の違い
[OpenTypeのご購入はこちら]

PRO Display

¥4,620もっと見る

PRO Micro

¥4,620もっと見る

PRO Text

¥4,620〜もっと見る
[TrueTypeのご購入はこちら]

PRO Display

¥4,620もっと見る

PRO Micro

¥4,620もっと見る

PRO Text

¥4,620〜もっと見る

Helvetica(ヘルベチカ)の類似・代替えフォント


Arial(アリアル)【Monotype】

Arial Helvetica(ヘルベチカ)の代替えフォント

Helveticaと類似し文字幅はまったく同じですが,細部のデザインが異なります。デザインが異なる文字は,スプアと呼ばれる突起がない“G”、テールが長い“R”、テールがない“a”、入り抜きが傾斜した”t”などです。HelveticaインストールされていないWindowsシステムでは代用書体として重用されています。WindowsでHelveticaを指定するとArialで代用されることがあり、逆にプリンタにHelveticaが内蔵されている場合,Arial指定が印刷時にHelveticaに置き換わることもあるなど代替書体を利用時には注意が必要です。

【ArialとHelveticaのデザイン比較】

ArialとHelvetica(ヘルベチカ)の違い
[OpenTypeのご購入はこちら]

PRO

¥4,620もっと見る

PRO Condensed

¥4,620もっと見る

PRO Monospaced

¥4,620もっと見る

PRO Narrow

¥4,620もっと見る

PRO Rounded

¥4,620もっと見る
[TrueTypeのご購入はこちら]

PRO

¥4,620もっと見る

PRO Condensed

¥4,620もっと見る

PRO Monospaced

¥4,620もっと見る

PRO Narrow

¥4,620もっと見る

PRO Rounded

¥4,620もっと見る

Narrow OS

¥6,468もっと見る

Rounded

¥11,748もっと見る

Swiss 721【Bitstream】

Swiss721 Helvetica(ヘルベチカ)の代替えフォント

「Swiss 721」は、1982年に開発されたビットストリーム社のHelveticaの代用書体(ファミリー名は「Swis721 BT」)。

【Swiss 721とHelveticaのデザイン比較】

Swiss 721とHelvetica(ヘルベチカ)の違い
[OpenTypeの取り扱いはありません]
[TrueTypeのご購入はこちら]

WGL

¥6,468〜 もっと見る

STD

¥3,828〜 もっと見る

STD Condensed

¥3,828 もっと見る

STD Extended

¥3,828 もっと見る

STD Rounded

¥3,828 もっと見る

Neue Haas Grotesk(ノイエ・ハース・グロテスク)【Linotype】

Swiss721 Helvetica(ヘルベチカ)の代替えフォント

Helveticaは「Neue Haas Grotesk(ノイエ・ハース・グロテスク)」という名前で発売されていました。
ヨーロッパ・アメリカへの販促拡大を目的としてライノタイプ社が、ラテン語でスイスを意味する「Helvetica(ヘルベチカ)」という名前に改名し爆発的なヒットとなりました。
※Neue Haas Groteskは、新しいハース鋳造所のグロテスク・サン・セリフ体という意味です。

【Neue Haas GroteskとHelveticaのデザイン比較】

Neue Haas Grotesk(ノイエ・ハース・グロテスク)とHelvetica(ヘルベチカ)の違い
[OpenTypeのご購入はこちら]

PRO Display

¥10,428もっと見る

PRO Text

¥10,428もっと見る

STD Display

¥8,580もっと見る

STD Text

¥8,580もっと見る
[TrueTypeのご購入はこちら]

PRO Display

¥10,428もっと見る

PRO Text

¥10,428もっと見る

Nimbus Sans(ニンバス・サンズ)【URW++】

Nimbus Sans Helvetica(ヘルベチカ)の代替えフォント

URW++ 社の「Nimbus Sans L」は Helvetica に基づくデザインです。


Open Sans ※Googleフォント

Open Sans Helvetica(ヘルベチカ)の類似フォント

Helvetica類似のGoogleフォントです。


Helvetica(ヘルベチカ)を使用した企業ロゴ(コーポレートタイプ)

Panasonic(パナソニック)

Helvetica(ヘルベチカ)利用企業:Panasonic(パナソニック)

Micorosoft(マイクロソフト)

Helvetica(ヘルベチカ)利用企業:Micorosoft(マイクロソフト)

TOYOTA(トヨタ)

Helvetica(ヘルベチカ)利用企業:TOYOTA(トヨタ)

Jeep(ジープ)

Helvetica(ヘルベチカ)利用企業:Jeep(ジープ)

三菱電機

Helvetica(ヘルベチカ)利用企業:三菱電機

MUJI(無印良品)

Helvetica(ヘルベチカ)利用企業:MUJI(無印良品)

3M(スリーエム カンパニー)

Helvetica(ヘルベチカ)利用企業:3M(スリーエム カンパニー)

FENDI(フェンディ)

Helvetica(ヘルベチカ)利用企業:FENDI(フェンディ)

AmericanAirlines(アメリカン航空)

Helvetica(ヘルベチカ)利用企業:American Airlines(アメリカン航空)

Lufthansa(ルフトハンザ航空)

Helvetica(ヘルベチカ)利用企業:Lufthansa(ルフトハンザ航空)

DB(ドイツ鉄道)

Helvetica(ヘルベチカ)利用企業:DB(ドイツ鉄道)

evian(エビアン)

Helvetica(ヘルベチカ)利用企業:evian(エビアン)

Francfranc(フランフラン)

Helvetica(ヘルベチカ)利用企業:Francfranc(フランフラン)

岩谷産業

Helvetica(ヘルベチカ)利用企業:岩谷産業

川崎重工業

Helvetica(ヘルベチカ)利用企業:川崎重工業

オリンパス

Helvetica(ヘルベチカ)利用企業:オリンパス


Helvetica(ヘルベチカ)は映画や漫画にもなっている


Helveticaは、長年人びとを魅了し続けている書体のひとつで、熱狂的なファンが多く、映画や漫画になるほど人気があります。


【映画】ヘルベチカ 〜世界を魅了する書体〜(2007年製作)

【映画】ヘルベチカ 〜世界を魅了する書体〜

1957年、スイスの小さな工房で“スイス書体”を意味する「ヘルベチカ」というひとつの活字が生まれた。それから50年、ヘルベチカは誰にとっても身近なものになった。ヘルベチカは、地下鉄で行くべきホームを案内し、朝刊の広告の中で投資を売り込み、休日の旅行に誘っている。テレビで最新ニュースを届け、職場のドアは「押す」のか「引く」のかを知らせている・・・。何百万もの人々が毎日ヘルベチカを目にし、使用しているのは「なぜ」なのか? そして、それが広く普及したことによる影響は? 我々は、日々の生活の中で、書体とどのように接しているのか? テクノロジーは書体やグラフィックデザインに影響を与えるのだろうか? そして、我々は書体をどのように消費しているのだろうか? グラフィックデザインと書体についての優れたドキュメンタリーフィルムが誕生した!
※出典:www.kadokawa-pictures.jp/official/helvetica/


【漫画】となりのヘルベチカ マンガでわかる欧文フォントの世界

【漫画】となりのヘルベチカ マンガでわかる欧文フォントの世界

定番の25種類の欧文フォントを擬人化した4コマ漫画でわかりやすく解説してくれます。Helvetica(ヘルベチカ)が主役で、フォントの基礎知識や特徴、成り立ち、使用例など役立つ情報が満載です。
芦谷國一さんが2016年に刊行した同人誌『書体研究サークル』をもとに新作漫画として描き下し、タイポグラフィなどの研究者である岐阜大学の山本政幸准教授が監修しています。


【動画】中田敦彦のオススメ本を紹介「となりのヘルベチカ」

中田敦彦さんがご自身のチャンネルで『となりのヘルベチカ マンガでわかる欧文フォントの世界』を紹介していますが、 出版元のフィルムアート社のTwitterで「本当にお金はお渡ししてないので、弊社も著者もとても驚いて、嬉しく思ってます」と、つぶやかれているので案件ではなく、純粋な書籍紹介となっています。


こちらもオススメ

江戸文字フォント

オシャレな日本語フォント

サンセリフ

推しデザインフォント

手書き風フォント

動画 映像 フォント

筆文字フォント

かわいいフォント

タイトル 見出し デザインフォント

明朝体

クリスマス フォント