ようこそ [デザインポケット] へログイン
(初めての方は こちら
通販カートを見る
DLカートを見る
商品を検索
画像を検索
?

TOP > PICK UP(夏) > 写真素材 夏のイメージ

過去の特集を見る

PICK UP 夏特集 カラフルに季節を彩る夏のイメージ特集
  • 夏のイメージ 写真素材
  • 夏のイメージ イラスト素材

レジャーシーンや、夏休み風景、風物詩、海や山の風景、旬の料理や食べ物など、さまざまな夏のイメージをご紹介。


 

夏のシンボル「氷」の旗の由来

街のあちらこちらで「氷」の旗を見かけると、夏が来たことを実感します。この夏の風物詩は、いつ頃登場したものなのでしょうか?

そもそもかき氷自体の歴史は古く、「枕草子」の中にも登場しています。平安時代のかき氷は金属製の器に刃物で削った氷を入れ、そこに甘い蜜をかけたもの。しかし氷はとても高価なもので、貴族たちの間でのみ楽しまれていました。
氷が広く世間に流通するようになったのは明治の初め頃。函館五稜郭周辺で製氷された「函館天然氷」が東京、横浜、神戸を経て全国的に大ヒット。これをきっかけに「氷は儲かる」と評判を呼び、氷の販売業者や氷水店が急増しました。

しかしながら中には粗悪な氷を販売する業者も現れ、内務省は明治11年に「氷製造人並販売人取締規則」を発令し産地表示を義務づけました。その時産地表示に使用されたのが「氷」の文字と産地を染め抜いた「官許 氷 函館」という旗。これが現在の「氷」の旗の原型だと言われています。

明治30年以降は、天然氷に代わって機械で製氷した氷が主流となりましたが、「氷」の旗は現在も「夏」のシンボルマークとして永く愛され続けています。


この記事の関連商品

Eye Candy 6 日本語版

Eye Candy 6 日本語版

氷などを作成する、Photoshopフィルタのコレクションです。他にも最先端の特殊効果をパッケージ。

詳細

 
ImageGap Vol.98 氷の結晶

ImageGap Vol.98 氷の結晶

氷をクローズアップした涼感あふれる写真素材集。

詳細