ようこそ [デザインポケット] へログイン
(初めての方は こちら
通販カートを見る
DLカートを見る
商品を検索
画像を検索
?

TOP > PICK UP(ウエディング・ブライダル) > 写真素材 ウエディング・ブライダルのイメージ

過去の特集を見る

PICK UP ウエディング・ブライダル特集 二人の幸せを演出するウエディングイメージ特集
  • ウエディング・ブライダルのイメージ 写真素材
  • ウエディング・ブライダルのイメージ イラスト素材

感動的な結婚式の様子や、ウエディング小物、幸せいっぱいの新婚生活の様子など、ウエディングイメージ・ブライダルイメージをご紹介。


 

6月の花嫁 「ジューンブライド」の言い伝え

6月の花嫁を「ジューンブライド」と呼ぶのは、ヨーロッパに古くから、6月に結婚すると幸せになれるという言い伝えがあるからです。

それは、ローマ神話に出てくる女神ジュノにまつわるお話。ジュノは全知全能の神ゼウスの妻で、結婚・出産を司り、家庭・女性・子供を守護する最高位の女神。そのジュノは6月を司る女神でもあるので、この月に結婚すれば、ジュノが二人の幸せを約束してくれる、と言い伝えられています。

「ジューンブライド」がこれほどまでにヨーロッパで広く根付いたのには、気候も大きく関係しています。ヨーロッパの6月は一年で一番雨も少なく、女神の祝福を受けたような天気の良い日が続く月。復活祭もあることからヨーロッパ全体が祝福、喜びであふれる季節です。
一方日本の6月といえば、梅雨の時期。じめじめと湿気が多く、お世辞にも結婚式に適しているとは言えません。事実この時期は結婚式場にとって閑散期でしたが、「ジューンブライド」の言い伝えを集客に利用したことから日本にも定着したと言われています。

日本では昔から農耕作業がひと段落する秋に結婚式を挙げることが多く、現代でも最も多い月は11月。人気の理由の一つに11月22日、いい夫婦の日があります。語呂が良くて結婚記念日を忘れないからだそうです。


この記事の関連商品

匠 IMAGES vol.006 季節の写真素材 水無月-6月

匠 IMAGES vol.006 季節の写真素材 水無月-6月

女神ジュノが司る6月のさまざまなイメージを集めました。

詳細

 
EGAOIMAGES S016 家族「家事」

匠 IMAGES Vol.013 季節の写真素材 霜月-11月

結婚式が多いという11月のさまざまなイメージを集めました。

詳細