2019.06.13
NIS Font とは

エヌアイシィ株式会社は、1980年「日本情報科学」として創業。1983年には、米国製CGソフトにて日本語を表示するため、日本で初めてパソコン用のアウトラインフォントを独自開発。DTPの発展に伴い一般向けにパッケージ販売を開始したとき、当時の英語名称 Nippon Information Science の頭文字をとり、“NIS Font” ブランドが生まれました。

2000年代には、インターネットの普及に合わせてダウンロード販売を開始。現在も既存フォントとは異なる、ユニークかつ芸術性の高い新フォントの開発と、利用しやすいサービスを継続的に展開しています。

NIS Font の特色

特長的でオリジナリティあるPOP書体、可読性・視覚性に優れたフォントを多数保有。各種広告媒体、バラエティ・ニュース等のTV番組、ゲームタイトル、書籍などへの使用実績も多く、ウエイトのバリエーション豊富さに加え、バランスに優れた美しい文字間も魅力のひとつです。

様々な媒体で活用される NIS Font

NIS Font は、商用を含む各種印刷、文字を画像化してのWeb制作、商標登録を前提としないロゴ制作などにご利用いただけます。

この他、別途使用契約をすることで、映像分野でのご利用・各種電子機器への組み込みなど幅広いジャンルでのご利用が可能になります。

書体ひとつで印象・売上が大きく変動するPOP。NIS Font では、インパクト・キャッチーさを重視したPOP向けフォントを豊富にご用意しています。消費者が日頃から訪れる機会の多い場所で幅広く利用されています。
単品ダウンロード ►
単品ダウンロード ►
ゲームやアプリの世界観を表現するためにフォントは重要なファクター。ゲームタイトルはもちろん、ゲーム内テロップでも世界観にマッチした書体として某有名ゲームにも採用されています。
単品ダウンロード ►
単品ダウンロード ►
動画広告では限られた時間の中で如何にアピール出来るのかが勝負になります。そんな訴求力の高いフォントが充実している NIS Font は、大手製品のTVCMなど幅広い動画作品で活用いただいています。
単品ダウンロード ►
NIS Font は、昨今の大型ディスプレイ・高画質パネルでも美しく訴求力のある文字表現を意識したフォント開発をしています。OpenTypeでは、1024×1024の高グリッドフォントをご提供。
単品ダウンロード ►
わずかな時間でもすぐに理解してもらえるよう、可読性に優れたフォントを多数ご用意。ニュース番組や報道番組を始め、バラエティ番組での吹き出しなど幅広く採用されています。
単品ダウンロード ►
単品ダウンロード ►
NIS Font は、テロップシステムから電子カルテ、ハンディーターミナルまで多くの機器に採用されています。

使用許諾

商品 販売形態 印刷 Web(画像) ゲーム 映像 ロゴ
NIS Ticket 年間ライセンス ※1 ※1 ※2
単品ダウンロード 買い切り

※1 ご購入とは別に商用利用契約が必要。
※2 図形商標登録する場合は別途ご契約が必要。

詳しい使用許諾はこちらでご確認ください。 ► 使用許諾契約書

価格

商品 価格 備考
NIS Ticket ALL 37,800円 (税込) 1PC・1年間 全書体※1を使用可能
NIS Ticket 20 19,440円 (税込) 1PC・1年間 20書体まで※2使用可能
NIS Ticket 5 9,720円 (税込) 1PC・1年間 5書体まで※2使用可能
単品ダウンロード 9,720円 (税込) 1PC・期限なし

※1 Mac/Win、TrueType/OpenTypeをプラン開始時に選択した上での全書体。
※2 Mac/Win、TrueType/OpenTypeをプラン開始時に選択。(OpenType・TrueTypeの混在利用は不可)

NIS Font シリーズ別ラインナップ

NIS Font の購入方法は、1書体ずつの単品ダウンロードと、年間ライセンス商品「NIS Ticket」の2通りがあります。

このうち、契約期間中に NIS Font のラインナップが使い放題となる新しい購入方法が NIS Ticket。NIS Font 160書体以上を全て利用できる「NIS Ticket ALL」のほか、20書体・5書体を選んで使えるリーズナブルな「NIS Ticket 20」「NIS Ticket 5」の3種類が用意されています。使い分けることでデザインの幅が広がる新しい購入方法・NIS Ticket を是非ご利用ください。

目的のフォントが特定されているなど、1〜数書体のみご利用の方は、従来の買い切り型のダウンロード販売をどうぞ。

S明朝シリーズ

「柔らかなイメージと自然さ」をコンセプトにしたベーシックなフォルムです。文字の運びとかたちを大切にしているため、キャッチフレーズからボディコピー、エディトリアルなど、広告・雑誌、デザインをはじめ、幅広い分野でお使いいただけます。
S明朝シリーズは「ソフト」と「ハード」の2デザインをご用意。ソフトのひらがな・カタカナは、筆の運びとかたちを大切にしているため、ひとつひとつの文字幅が違います。ハードは逆にひらがな・カタカナのひとつひとつの文字幅を近づけて、ボディコピーで組んだときの自然なリズムを優先しています。ソフト・ハードとも、ウェイトはW3〜W9の7段階。

S明朝ソフト ► S明朝ハード ►
NIS_UDゴシックシリーズ

どなたにも親しみやすい、クセのないフォーマル (基本) な書体です。デザイン性を全面に押し出し過ぎることなく、あらゆる場所や媒体での利用において、視認性・判読性が高く、読み手にとって自然で優しいフォントに仕上げています。
横組が主流の現在において、より横組に適した設計思想とシンプルでクリアなデザインが大きな特長。かな文字をやや小さくして長文向きにしたB3/B4/B6と、漢字とかな文字の大きさが近くタイトルや見出しに適したD3/D4/D6/D8があります。

B3/B4/B6 ► D3/D4/D6/D8 ►
JTCウインZシリーズ

JIS第1・第2水準の約7,000文字が100%直線のみで構成された、NIS Font のなかでも人気を誇るゴシック体です。直線が持つ力強さを備えながらも、すっきりと見えるデザインはJTCウインZならでは。機械に頼らず手書きデザインですべて作られた、デザイナー定番フォントです。
直線ならではの力強さや迫力がありながら、バランスの崩れがないのも大きな特長です。

Z1/Z5/Z10, ZM9 ►
ウインクスL+JTCウインSシリーズ

「横組に適した“かな”」をコンセプトにした横組専用のフォルムです。漢字とかなの横と縦のラインが美しく揃うため、番組テロップやPOPチラシにも最適。太さ (ウェイト) のバリエーションを4種類ご用意しています。
日本語フォントは、漢字が大きく、かな文字が小さいため、横方向のラインが美しく揃わないことが課題のひとつでもありました。それを解決したのがこの「ウインクスL+JICウインS」です。

L1+S1 / L4+S4 / L7+S7 / L10+S10 ►

セール情報



※メールニュースの配信停止をご希望の場合は こちら のページより設定を変更ください。
下記メールニュースの配信・配信停止を、個別に選択いただけます。
 更新情報/毎“得”プライス情報/フォントダウンロード情報/デザイングッズ情報
※メールアドレスの変更をご希望の場合も こちら から。各種ご登録内容を変更いただけます。

[配信元] イメージナビ株式会社 デザインポケット サービスサポート
E-mail designpocket@imagenavi.co.jp URL https://designpocket.jp/
TEL. 0120-777-608 (携帯電話の方は 011-707-7900 をご利用ください) FAX. 050-3606-0651

Copyright 2019 Image navi corporation